Windows 10のサポート期間について

Windows 10

 

Windows 10のサポートは、これまでのWindowsと大きく変わっています。

知らないでいると、サポートが切れたWindows 10を使っていた・・・ということもありますので、改めて確認しておきましょう。

 

Windows 10パソコンは常に最新のWindowsが使える

マイクロソフトはWindows 10で「基本的に購入後は無償で追加の機能が提供される」というサポート体制にしたため、実質的にパソコンが壊れるまで最新のWindowsを使える(機器が新しいWindowsに対応しない場合は除く)ということになります。

これまではWindiows 7から、Windows 8にするには、Windows 8のライセンスを購入する必要がありましたが、Windows 10以降ではその必要は無くなります。

第8回 「Windows 10」が”最後のWindows”ってどういう意味? (1/2)

 

Windows 10のサポートはバージョンで管理される

常に最新のWindowsが使えるようになりますが、Windowsのサポートはバージョンによって管理され、サポート期間はこれまでより短期間になります。

下記は企業モデルのサポートですが、これを意識していれば間違いないと思います。

第12回 Windows 10のサポート期間が変更、一体なぜ? (1/2)

l_ki_windows01

 

Windows 10はすでに3バージョン目になっている

2015年7月29日に公開されたWindows 10のバージョンは1507ですが、2015年秋に1511が公開され、今年2016年8月のアニバーサリー・アップデートで公開された最新バージョンは1607です。

img-10ver

 

マイクロソフトはWindowsの2バージョンをサポート対象とする

マイクロソフトは、企業向けでは「世の中に出ている、2世代分にパッチを適応する」というサポートポリシーなので、Windiows 10の次のバージョンが公開されると、2015年7月に公開された当時のバージョン1507はサポート終了となります。

バージョンが変わるメジャー(大型)アップデートは、年2回のペースで行う予定ですので、アップデートせずに古いバージョンを使っていると、2年以内でサポートが終了することになります。

 

マイクロソフトのサポートはちょっとややこしく感じますが、要は常にアップデートをして最新の状態で使っているのが最良であるということです。

Windowsとセキュリティ対策ソフトをはじめとする、使用中のソフトは最新のものを使っていれば安全で快適に使っていくことができます。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です