Windows 7・Windows 8.1のアップデート方式が変更されます

ec-msup

 

マイクロソフトは、この10月からWindows 7とWindows 8.1のアップデート方式を、複数の更新プログラムをまとめた「ロールアップ方式」に変更すると発表しました。

 

Windows 7と8.1のアップデートはロールアップ方式になります

これまでは、それぞれの問題に対しての修正プログラムを公開していたので、アップデートでは**個の更新プログラムがありますといった表示が出ていましたが、ロールアップ方式では複数のプログラムをまとめて配布し、更新できるようになります。

Windows 7 SP1/Windows 8.1のアップデートが10月から月例の”ロールアップ”方式に

この方法はWindows 10ですでに実施され、アップデートが簡単になっています。

 

Windowsは最新の状態で使いましょう

Windows 7は SP1(サービスパック 1)が適用されたものがサポート対象で、SP1が適用されていないものはサポートが終了しています。

Windows 8はサポートが終了しています。Windows 8は8.1アップデートを実施し、Windows 8.1にすることでサポートを受けることができます。

サポート対象になっていないWindowsは、Windowsアップデートも提供されませんのでご注意ください。

 

パソコンを安全に使うためには、Windowsを最新の状態にしておくこと と、ウイルス対策ソフトを最新の状態にしておくこと を心がけましょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です