Windows Vistaを使うのは危険・・・になってきた

Windows-vista-wallpapers

 

Windows Vistaは2017年4月のサポート終了までまだ間がありますが、Vistaを取り巻く環境はそうではなく、次々とサポート対象から外され、ネット利用では危険性も出てきました。

 

Windows Vistaで使えない?

今日、JRのVIEWカードから「推奨利用環境変更のお知らせ」のメールが届きました。

これによるとTLS1.2以上の暗号化技術を使用したブラウザ以外では利用できなくなる・・・とのことで、推奨環境が下記のようになっています。

****************************************************
 平成28年6月28日(火)以降の推奨環境
****************************************************

○PC
 Windows 7(Internet Explorer 11、Google Chrome)
 Windows 10(Microsoft Edge)

○スマートフォン
 iOS 9.2(標準ブラウザ)
 Android 5.1(Android 標準ブラウザ)

img-001

ご利用環境についてのお願い:ビューカード

 

Windows VistaではInternet Explorer 9までしか使えませんし、Google Chromeはこの4月でサポートを終了し、最新のChromeはインストールできません。

まだ最新バージョンが使えるFirefoxは、VIEWカードではサポート対象外・・・ということで、Windows VistaでVIEWカードサイトの利用はできないということになります。

※スマホでもAndroid 5.1以降ということですが、まだ世の中にはAndroid 4系のスマホがザクザクあるわけですが、バッサリ切り捨てられました。

 

Windows Vistaはそろそろ見切りをつける時

「オレはサポート終了までVistaを使うんだ!」という方もいらっしゃるようですが、こういったサポート状況を見ると、安全に使い続けるのはなかなか難しいことがわかりますね。

先日もVistaのパソコンでiTunesのアップデートができなくて、iPhoneを管理できない・・・という相談を受けましたが、iTunesは1年くらい前からVistaのサポートは打ち切っています。(最新版はインストールできません。)

 

用途によっては問題なく使えますが、オールラウンドな使い方はできないというのが現状です。

サポートまでまだ間がありますが、安全で快適に使っていきたいのであれば、Windows Vistaは見切りをつける時が来たと言えます。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です