今まで使っていたパソコンのデータを新しいパソコンでも使いたい
パソコンを買い替えたけど設定ができない

このようなお悩みをお持ちの方も多いですが、フジデンキではパソコン買替時のデータ移行や設定なども承っております。
どこで購入したパソコンでも対応しますのでお気軽にご依頼ください。

 

パソコン買替時のデータ移行

パソコン買替時に大変なのが、今まで使っていたパソコンから新しいパソコンにデータを移したり、設定をしなおすことです。
Officeのデータや写真などは比較的簡単に移行できますが、住所録やメールソフトは単純にコピーするだけではできないので大変です。

フジデンキでは今まで使っていたパソコンから新しいパソコンへのデータ移行や設定の作業を承っています。

今まで使っていた状態とできるだけ同じような状態で新しいパソコンを使えるようにできれば、新しいパソコンも快適に利用できます。

 

メールソフトが変わっても大丈夫!

メールはWindows Liveメールを使っていた、という方が多いですが、Windows Liveメールは2017年1月に配布とサポートが終了しています。

買い替えたパソコンでは別のメールソフトを利用することになりますが、Windows Liveメールで受信したメールのデータを、別のメールソフトに移行して使い続けることができます。

大切なメールのデータもきちんと新しいパソコンに移して末永くご利用いただけます。

 

パソコンの中には大切なデータがたくさんあります

Officeのファイルや写真、メールのデータの他にも、宛名書きソフトの住所録やインターネットのお気に入り、音楽プレーヤで使っている音楽のデータ、動画、ダウンロードしたファイルなど、パソコンの中には大切なデータがたくさんあります。

これらをすべてきちんと新しいパソコンに移して使えるようにすれば安心ですね。

 

パソコン買替時 その他の作業

データ移行の他、パソコン買替時には下記のような作業があります。

Officeのインストール

新しいパソコンのOfficeはすぐ使う事はできません。
インターネットを利用してマイクロソフトアカウントを使ってプロダクトキーを有効化することで使えるようになります。

ここで使用したマイクロソフトアカウントを忘れると、Officeの再インストールができなくなりますので、忘れないよう厳重に管理する必要があります。
※パソコン付属のプロダクトキーは使用済みとなり、マイクロソフトアカウントがないとインストールできません。

 

リカバリメディアの作成

パソコンのストレージ(HDDやSSD)が故障した時に備えて、購入時の状態に戻すためのメディア(DVDやUSBメモリ)を作成する必要があります。
これがないと、パソコン故障時に買った時の状態に戻すことができません。
※リカバリメディアを別途購入するには10,000円前後の費用がかかります。

 

メールやプリンタなどの設定

メールを送受信できるようにするには、ご利用中のメールの設定値を使ってメールソフトに設定する必要があります。
プリンタも接続しただけでは使えず、パソコンのWindowsに対応したプリンタドライバ(ソフトウェア)をインストールして設定する必要があります。

 

どこで買ったパソコンでもお引き受けいたします

フジデンキではどこで買ったパソコンでも作業を承っております。

最初にお客様のご依頼内容をおうかがいして料金をお見積し、その料金に納得いただいた場合に作業をさせていただくようにしていますので、安心してご相談ください。

主な作業料金

診断・見積の基本料金 3,500円

旧パソコンから新パソコンのデータ移行(50GBまで) ・・・ 15,000円
メール設定 ・・・ 3,000円
プリンタ設定 ・・・ 3,000円
Office インストール ・・・ 4,000円
リカバリメディア作成(メディア代含む) ・・・ 10,000円

※複数の作業をまとめてご依頼の場合は割引もあります。
※料金に納得いただけない場合は診断・見積のみで、基本料金の3,500円のみお支払いいただきます。
※表示価格は消費税込みです。