NASデータ取扱い用Linux PCを更新しました

 

NAS(LAN接続ハードディスク)のデータを扱うためのLinux PCを新しいものに更新しました。

 

NASのHDDはWindowsで読めない

一般的なNASはLinuxというOSで動作するため、ハードディスク(HDD)が ext3 や xfs というフォーマットのため、ハードディスクを直接Windowsのパソコンに接続しても認識されず、データを扱うことができません。

NASが起動しない等のトラブルでデータを取り出したい場合、NASのHDDフォーマットを扱えるパソコンがないと困るので、フジデンキではNASと同じLinuxというOSで動作するパソコンを用意しています。

これまで使ってきたLinux PCが古く(Windows Vista時代の製品)なったため、更新することにしました。

 

LinuxはUbuntuを使用

パソコン本体は富士通 FMVの2011年頃のモデルですが、CPUはCore i5のところにメモリを8GBに増設し、HDDをSSDに換装しているので、かなり快適な環境です。

数あるLinuxのディストリビューションの中でも人気のあるUbuntu(Ubuntu 16.04 LTS)をインストール。

 

ext2やext3はもちろん、xfsフォーマットにも対応できるように整備し、万全の体制です。

普段はメンテナンスも兼ねて、Chromeで他のパソコンと設定を同期して、普段は修理時の調べ物などに活用するなどして、利用していきます。

 

NASのデータ取り出し承ります

NASが起動しなくなってデータが取り出せない!
大事なデータがあるのに・・・。

そんな事態になった際は、フジデンキにご相談ください。

LinuxベースのNASのデータ取り出しにも対応して降ります。

 

いいね or フォローする

どこで買ったパソコンでも修理いたします

フジデンキでは、購入先やメーカーに関わらず、パソコン修理を承ります。
自店修理のため、迅速で丁寧な修理をすることができ、三春町はもとより、田村市や郡山市など近隣市町村のお客様にもご来店いただいております。
パソコン修理でお困りの方は、お気軽にご相談ください。