NASデータ取り扱い用Linux PC Ubuntu 18.04 LTSにバージョンアップ

 

NAS(LAN接続ハードディスク)のデータを扱うためのLinux PCを、Ubuntu最新版の Ubuntu 18.04 LTSで作成しました。

 

Ubuntu 18.04 LTS PCを作成

フジデンキでは一般的なNAS(Linuxベースのものが大半)のデータ取扱い用にLinuxで動作するパソコンを用意しています。

今年3月に新しく作成したのですが、その後都合があって別なパソコンで再設定していましたが、OSであるUbuntuの最新版 18.04 LTSが公開されたので、OSの入替を行いました。

 

写真でもわかるようにインストールしたパソコンはFMVのNFE40と、Windows 7初期の頃のモデルですが、十分実用レベルで動作します。

 

NASのHDDはWindowsで読めない

一般的なNASはLinuxというOSで動作するため、ハードディスク(HDD)が ext3 や xfs というフォーマットのため、ハードディスクを直接Windowsのパソコンに接続しても認識されず、データを扱うことができません。

NASが起動しない等のトラブルでデータを取り出したい場合、NASのHDDフォーマットを扱えるパソコンがないと困るので、フジデンキではNASと同じLinuxというOSで動作するパソコンを用意しています。

Linuxにはディストリビューションといういくつかの種類があり、フジデンキでは現在一番人気があるUbuntuというLinux OSを利用しています。

Homepage | Ubuntu Japanese Team

 

NASのデータ取り出し承ります

バッファローのLink Stationに代表されるネットワーク接続型のHDD=NASを導入されているお店や会社、個人の方も増えています。

早く導入した方は5年以上経過している例も多く、HDDや基板、電源等のトラブルで起動しなくなり、データを取り出せないとお困りの方もいらっしゃるようです。

フジデンキではHDDの重大なエラーの場合は対応できませんが、軽度のエラーでデータを読める場合、基板や電源の故障でHDDにエラーがない場合は、データの取り出しをすることが可能です。

NASのトラブルでお困りの際はフジデンキにご相談ください。

 

 

お問い合せ・ご依頼はフジデンキまで

フジデンキへのお問い合せ、ご依頼はこちら。
パソコン修理は、担当者直通のパソコン修理受付専用ダイヤルが便利です。