Windows 10 次期大型アップデートは10月17日提供開始

 

Windows 10の次期大型アップデートは10月17日提供開始と発表がありました。

 

Windows 10 Fall Creators Update

マイクロソフトはWindows 10で年2回程度のバージョンアップ(大型アップデート)を行うとしています。

2017年は4月上旬にバージョン1703「Creators Update」を提供していますが、次期バージョンは Fall Creators Updateという名称で、10月17日に公開すると発表がありました。

【速報】Windows 10 Fall Creators Updateは10月17日提供開始

 

大型アップデート前にしておくこと

大型アップデートはバージョンアップ(Windows 10のバージョンが変わるアップデート)になります。

アップデートとはいえ、実質的に新しいWindowsに入れ替える作業になるので、使用中のパソコンが不安定な場合は、トラブルが発生し、最悪の場合Windowsが起動しなくなるという例もあります。

トラブルを予防するために下記の点を確認しておきましょう。

Windows 10未対応のソフトがないか?

Windows 10に対応しない古いソフトが入っていると、それが原因でトラブルが起きる可能性があります。
アップデートできる場合は最新の状態にし、アップデートで対応できないものは削除するようにします。

 

Windowsの動きは安定しているか?

現在使っているWindows 10の状態はどうでしょう?
起動や動作が遅くなっている、使っていると固まることがあるなど、不安定な場合は、大型アップデートに失敗することもあり、Windowsが起動しなくなる場合もあるので、事前に点検をし、問題を解決しておきましょう。

 

大型アップデートはWindowsアップデートで提供されます

Windows 10の大型アップデートはWindowsアップデートで順次提供されます。
10月17日に提供が開始されてもすぐにアップデートがくるわけではありません。

自分の好きなタイミングでアップデートしたい、公開されたらすぐアップデートしたいという場合は、マイクロソフトのウェブサイトで手動でアップデートすることができます。
※10月17日に公開後案内があるはずです。

 

フジデンキでは、大型アップデートに際しての点検や確認、パソコンの健康診断などを承っております。
ご依頼お待ちしております。

 

 

お問い合せ・ご依頼はフジデンキまで

フジデンキへのお問い合せ、ご依頼はこちら。
パソコン修理は、担当者直通のパソコン修理受付専用ダイヤルが便利です。