Windows 11発表! 2021年後半に公開予定

本日行われたマイクロソフトのオンラインイベントで、Windows 11が2021年後半に公開されると発表がありました。

Windows 11 が2021年後半に公開される

Windows 10がこの秋のバージョンで大きく変わる・・・と言われていましたが、新たなWindiows「Windows 11」として公開されることになりました。

公開は2021年後半で、Windows 10からの無償バージョンアップに対応しています。Windows 10が公開された時と同じような配信になると思われますが、基本的なシステム部分(コア)の技術はWindows 10を踏襲しているため、Windows 10で動作するアクセサリやドライバーはそのまま利用できるようになる見込みです。

Windows 11で変わること

見た目やインターフェイスが大きく変わります。
アイコンのデザインやタスクバーのレイアウトなどが一新されるようです。

画像引用:マイクロソフト Windows 11のサイトより

また、Androidアプリが動作するようになるため、お気に入りのスマホアプリがパソコンでも利用できるようになります。

画像引用:「Windows 11」発表 Androidアプリが動作するように(IT media)

Windows 11になってなくなるものもあり、代表的なところでは音声操作のCortana(コルタナ)とブラウザのInternet Explorer(IE)が無効になります。業務システムなどでIE限定のものを利用している場合は要注意ですね。

詳しくはWindows 11のシステム要件で確認できます

自分のパソコンでWindows 11が使えるかを確認できる

マイクロソフトは、自分が今使っているパソコンでWindows 11が稼働するかどうかを確認できるプログラムを提供しているので、気になる方は事前に確認できます。

Windows 11のサイトの下記のリンクから「PC正常性チェック(PC Health Check)」アプリをダウンロードできます。

関連サイト・記事まとめ

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です