Windows 8.1 2023年1月にサポート終了 使い続けるとどれだけ危険なの?

マイクロソフトは、2023年1月10日にWindows 8.1のサポートを終了します。
サポート終了後に使い続けるとどれだけ危険なのか? 改めて解説します。

Windows 8.1は2023年1月10日にサポートを終了する

マイクロソフト製品にはすべてサポートライフサイクルがあり、発売された時点でサポート終了日も定められています。
Windows 8.1もサポートライフサイクルの予定通り、2023年1月10日でサポートが終了となります。

サポートが終了するとどれだけ危険なの?

マイクロソフトのサポート終了後の危険性は下記のものになります。

Windowsの脆弱性が修正されない

セキュリティの欠陥などが発見されても修正プログラムが提供されることがなく、欠陥=危険性は放置されますので、使い続ければ続けるだけ危険性が増加していきます。

不具合が修正されない

脆弱性以外の不具合が発生しても修正プログラムが提供されることはないので、不具合は改善されることはありません。

動作しないソフトや周辺機器が出てくる

マイクロソフトがサポートを終了したWindowsは、ソフトウェアや周辺機器を開発するメーカーも動作対象から外してくるため、新製品・新機種がWindiows 8.1で利用できなくなることがあったり、利用できても保証外になります。

セキュリティ対策ソフトがあれば安全じゃないの?

セキュリティ対策ソフトはマイクロソフトのサポートが継続されるWindowsでのみ動作が保証されるため、サポートが終了したWindowsでの利用は保証外となります。
基盤であるWindows本体のセキュリティの脆弱性は、セキュリティ対策ソフトが補強できるものではないので、セキュリティ対策ソフトがあっても危険度は減りません。

Windows 8.1サポート終了に対する注意喚起

IPA(情報処理推進機構)から、Windows 8.1のサポート終了に伴う注意喚起が発表されています。

Windows 8.1 のサポート終了に向けた各種ソフトウェア製品の更新計画例
引用:Windows 8.1 のサポート終了に伴う注意喚起(IPA)

対応は2022年内にするのがおすすめ

Windows 8.1のサポート終了期限は2023年1月10日ですので、新年早々にサポート終了となります。
フジデンキでは以前からWindows 8.1のサポートは2022年いっぱい・・・というスタンスでご案内させていただいています。
Windows 8.1パソコンをお使いの方は、2022年内に対応を実施されることをおすすめしております。

フジデンキではパソコンの状態や環境に合わせて最適な提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。