自分でできる パソコンお手入れ法

 

パソコンは使っていくと徐々に調子が悪くなっていきますが、日頃からお手入れをしていれば、快適に使い続けることができます。

自分でできる簡単なパソコンのお手入れ方法を紹介しますので、ぜひ実施して快適なパソコンライフを送りましょう!

 

※マイクロソフトが不要ファイルの削除にディスククリーンアップではなく、ストレージセンサーの使用を推奨すると発表があったため、記事の一部を修正しました。(2018.09.20)

 

自分でできるパソコンお手入れ法

  1. Windowsアップデートを実施する
  2. ブラウザのキャッシュをクリアする
  3. Windowsの不要ファイルを削除する
  4. 完全なシャットダウンをする
  5. バッテリーを使い切って充電する

上記の作業を毎月1回、定期的に行うことをおすすめします。

 

自分でできるパソコンお手入れ法(PDF版)

 

1.Windowsアップデートを実施する

Windowsアップデートは自動で実施され適用されますが、アップデートの漏れがないか、手動でWindowsアップデートを実施して確認します。

スタートから設定(歯車のアイコン)をクリックします。

 

設定の下部にある 更新とセキュリティ をクリックします。

 

Windows Update で [更新プログラムのチェック] をクリックします。

 

チェック後に更新がなければ、上記の画面に戻ります。

更新が見つかるとインストールが実施されます。

 

通常は自動更新にまかせておいていいですが、手動でチェックすることで、タイミングよく新しい更新を見つけてインストールすることもありますので、お手入れの際はWindowsアップデートのチェックも実施するようにしましょう。

 

2.ブラウザのキャッシュをクリアする

普段使っているブラウザにはキャッシュと呼ばれる表示したサイトのデータ(画像やページのファイル)が蓄積されていますが、キャッシュが溜まると動作が遅くなったり誤表示の原因になったりすることがあるので、定期的に削除するようにします。

ブラウザによって方法が違いますのでブラウザ毎に解説します。

Internet Explorer

ブラウザ右上の歯車のアイコンをクリックしてメニューを表示、インターネットオプションをクリックします。

 

インターネットオプションにある閲覧の履歴という項目の[削除]ボタンをクリックします。

 

削除したい項目にチェックを入れて [削除]ボタンをクリックすると、キャッシュが削除されます。
チェックする項目は用途によりますが、フジデンキでは下記の画像でチェックを入れた項目を推奨しています。

 

キャッシュがクリア(削除)されると、下記のような表示が出ます。

 

Google Chrome

Chromeでは画面右上にある縦に3つ点が並ぶアイコンをクリックしメニューを表示、履歴をクリックします。

 

履歴をクリックすると、直近の履歴があるウインドウが表示されるので、ここの一番上にある履歴をクリックします。

 

表示されたページの左にある閲覧履歴データを消去するをクリックします。

 

表示されたウインドウの[データを消去]をクリックすると、キャッシュが削除されます。
チェック項目は下記の初期値のままでOKです。

 

Microsoft Edge

Edgeではブラウザ右上の3点横並びのアイコンをクリックしメニューを表示、設定をクリックします。

 

設定にある閲覧データのクリアという項目の[クリアするデータの選択]をクリックします。

 

閲覧データのクリア で削除したい項目にチェックを入れて[クリア]をクリックすると、キャッシュが削除されます。
チェックする項目は用途によりますが、フジデンキでは下記の画像でチェックを入れた項目を推奨しています。

 

3.Windowsの不要ファイルを削除する

Windows標準の機能ディスククリーンアップを使い、Windowsの不要ファイルを削除します。
ここで削除するファイルは、削除してもWindowsの動作に影響を及ぼさないものなので、安心して削除できます。

2018年8月、マイクロソフトは不要ファイルの削除では長年提供してきたディスククリーンアップではなく、ストレージセンサーを利用することを推奨すると発表しました。
※ディスククリーンアップは今後廃止予定です。

 

Windows 10の設定からシステムを開きます。

 

システムのメニューからストレージをクリックします。

 

ストレージの中央にあるストレージセンサーで今すぐ空き容量を増やすをクリックします。

 

今すぐ空き容量を増やすのウインドウで表示された項目すべてにチェックを入れます。

 

ファイルの削除 ボタンをクリックすると、削除作業が始まります。

 

削除作業には時間がかかるので、慌てずにそのまま待ちます。

 

しばらくすると作業が終わります。
削除にかかる時間は、削除するデータの量やパソコンの状態、性能にもよりますが、すべての項目にチェックを入れて行うと10分以上かかるのは当たり前のようです。

 

4.完全なシャットダウンをする

Windows 10ではパソコンの起動を速くするため、初期設定では 高速スタートアップ という機能が有効になっています。
高速スタートアップが有効になっていると、高速起動のためにWindowsをシャットダウンしても完全なシャットダウンになっていません。

高速起動できるので便利なのですが、完全にシャットダウンしていない(休止状態のようなもの)ため、Windowsに不具合が発生した場合、再起動(通常のシャットダウン・起動)をしても、症状が改善されないことがあります。

そこで、お手入れの仕上に、Windowsの完全なシャットダウンを実施します。

スタートから電源ボタンをクリックし、表示されたメニューからShiftキーを押しながら再起動をクリックします。

 

しばらくお待ちください・・・ の表示の後に、オプションの選択画面になるので、ここで PCの電源を切る をクリックすると、完全なシャットダウンが行われます。

 

5.バッテリーを使い切って充電する

バッテリーを搭載するノートパソコンでは、ACアダプタを外しバッテリーで使用しバッテリーの残量が10%になるまで使用してから充電します。

ノートパソコンをACアダプタで使っているとバッテリーを使う機会がなく、バッテリーが活性化しないため、寿命が短くなってしまいます。
これを防止するために、月1回程度はバッテリーで使用しバッテリーの残りが10%程度(バッテリーの残り少ないと警告が出る程度)まで使ってから充電するという作業をします。

※バッテリーがカタログ値の時間使えるのは上手に使っても2年程度です。年数が経過しているバッテリーは上記の作業をしても使用年数とともに使用時間が短くなります。

 

毎月1回、定期的なお手入れをおすすめします

上記のお手入れ法は毎月1回、定期的に実施することをおすすめします。

毎月*日や、毎月第**曜日など、お手入れの日を決めておくと、忘れずに実施できます。

フジデンキでは複数のパソコンがあるので、このパソコンは第1日曜日などとスケジュールを決めています。
決めた日に実施できない場合は前日や翌日などに実施するようにして、必ず毎月1回はお手入れを実施するようにしています。

 

自分でできるパソコンお手入れ法 PDF版 はこちら

自分でできるパソコンお手入れ法(PDF版)