家族利用ならお得に! Microsoft 365 Family 登場

マイクロソフトの個人向けMicrosoft 365に、複数ユーザー対応の Microsoft 365 Family が登場しました。

Microsoft 365 Familyとは?

Microsoft 365 Familyは、個人向けの Microsoft 365 Personal をベースに複数ユーザー対応にした製品で、最大6ユーザーでの利用が可能となります。
WordやExcelなどのOfficeのデスクトップアプリやOneDriveの容量が1TB、さらにMicrosoftファミリーセーフティ(セキュリティ対策ソフト)が利用できます。


マイクロソフトの個人向けMicrosoft 365とOfficeの機能比較は下記のようになります。

Microsoft 365 Family を使うメリットは?

Microsoft 365 Familyを使うメリットは下記の点です。

  • 2人以上であればMicrosoft 365 Personalより割安で利用できる
  • パソコン購入時にOfficeなしのパソコンを選べる(Officeのライセンスが付属しない分割安になる)
  • 常に最新のOfficeアプリが利用できサポート切れの心配がない
  • 1ユーザー毎5台まで同時利用可能(Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android )
  • OneDriveの容量が1TB使える(1ユーザー毎)
  • Microsoft Family Safetyという高機能セキュリティ対策ソフトが使える

年間18,400円(月払い契約の場合は1ヶ月1,850円)のサブスクリプションになりますが、最大6人で使った場合は一人あたり年間3,067円となります。

利用人数一人あたりの価格(年払いの場合)
1人18,400円
2人9,200円
3人6,133円
4人4,600円
5人3,680円
6人3,067円

詳細なプラン内容は下記のようになります。

ユーザー数1〜6ユーザー
対応OSWindows PC、Mac、iPad、iPhone、Android
OfficeデスクトップアプリWord・Excel・PowerPoint
Outlook・Teams・OneDrive・Editor
Access・Publisher(Windows PCのみ)
※各ユーザーは5台のデバイスで同時利用可能
OneDriveストレージ各ユーザー毎に1TB
Microsoft Family Safety利用可能(Windows PC、Mac、iPad、iPhone、Android )
Officeオンラインフル機能利用可能
商用利用可能

ライセンスの詳細を確認すると日本で販売するMicrosoft 365製品は商用利用権が付いているということなので、お仕事で使われる場合でも利用可能です。

マイクロソフトは永続ライセンス(買い切り型)のOfficeのサポート期限を短くしており、最新のOffice 2021は今購入しても2026年にはサポートが終了します。
これは完全にサブスクリプション利用にシフトさせてきているのが明確です。

Officeのサポート切れやパソコン買い替えのタイミングで、Microsoft 365 Familyの導入を検討されるのもいいかと思います。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。