マイクロソフトアカウントがロックされた時の解除方法

OfficeやOneDriveなどでマイクロソフトアカウントを使う方が増えてきましたが、時々「マイクロソフトアカウントがロックされた、と表示されログインや利用ができない。」という現象に遭遇することがあります。
そこで今回は、マイクロソフトアカウントがロックされる要因とロックの解除方法を紹介します。

マイクロソフトアカウントがロックされた!

OfficeやOneDriveなどマイクロソフトのサービスを使っていて「ご使用のアカウントがロックされました」「アカウントが一時的に使用停止になっています」といった表示が出て、サービスが使えない状態になる時があります。

アカウントがロックされると、そのアカウントで利用しているサービスが利用できなくなってしまいます。

マイクロソフトアカウントがロックされる理由

マイクロソフトによると、マイクロソフトアカウントがロックされるのはサービス規約に違反した時だそうです。

アカウント所有者が Microsoft サービス規約に違反した場合は、通常 Microsoft アカウントがロックされます。 アカウントがロックされる一般的な理由を以下に示します。ただし、すべてのアカウントのロックがこれらの理由のために発生するわけではありません。

アカウントがロックされている(マイクロソフト サポート)

マイクロソフトのサービスを妨げる行為や、スパム行為、ウイルスを配布する、フィッシング詐欺を行う、迷惑行為をするといったことが確認されたアカウントがロックされることになります。

しかし、フジデンキでよく経験するのが お客様にパソコンを販売する際に新しいマイクロソフトアカウントを作成しOffice等を設定した翌日頃にアカウントがロックされる ということ。理由は定かでないのですが、作成したばかりのアカウントの本人確認が十分にされていないと起きるのではないか? と感じています。

マイクロソフトアカウントのロックを解除する方法

ロックされたマイクロソフトアカウントは、携帯電話のSMS(ショートメール)を使って本人確認をすることで解除できます。

アカウントのロックを解除するには、Microsoft からテキスト メッセージで受信したセキュリティ コードを入力する必要があります。 テキスト メッセージの受け取りに使う電話番号は、アカウントに関連付けられている必要はありません。 また、自分の電話番号でなくてもかまいません。 自分の電話でテキスト メッセージを受信できない場合は、お友だちやご家族の電話を使わせてもらってください。

アカウントがロックされている(マイクロソフト サポート)

詳細は下記のページにありますので参照ください。

ロック解除後はマイクロソフトアカウントのページでログインし、自分のアカウントの個人情報に携帯電話番号を登録しておきましょう。

ここで電話番号を登録しておくと、万が一パスワードを忘れた場合に電話番号を使って本人確認をしてパスワードリセット(パスワードの再設定)ができます。
※一般の電話番号も登録できますが、その電話を受けることができる環境にいないと設定できないので、本人の携帯電話番号を登録しておくことをおすすめします。

 

マイクロソフトアカウントの管理は厳重に!

マイクロソフトアカウントはマイクロソフト製品(WindowsやOffice、OneDriveなど)を使う上で欠かせないアカウントで、Microsoft Storeからのアプリ購入にも利用されます。

iPhoneやMacなどのApple製品でのApple ID、Androidスマートフォンやタブレット、ChromebookなどでのGoogleアカウントと同じ立場のもの、というとわかりやすいでしょうか?

アカウントが利用できなくなると、サービスが利用できないし、失うものも出てきますので、アカウントの管理はくれぐれも厳重に行うようにしましょう。

マイクロソフトアカウントに関しての困りごとは多く、フジデンキにも全国から問い合わせがきています。
・・・ブログなどにマイクロソフトアカウント関連の記事を書いているものを検索で見つけて連絡されるようなのですが、当店はいちパソコン屋なのでお問い合せいただいてもお役にたてませんのでご了承願います。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です