マイクロソフト2021年7月の月例アップデート公開

マイクロソフトは本日、7月14日(水)に7月の月例アップデート(セキュリティ更新プログラム)を公開しました。

7月のセキュリティ更新プログラム

今回の更新プログラムには7月上旬に公開されたWindows印刷スプーラーで任意コードの実行が可能になるゼロデイ脆弱性「PrintNightmare」に関する更新プログラムも含まれています。

また、その他にもすでに脆弱性の悪用が確認されているものへの対策もありますので、できるだけ速やかにアップデートをインストールことを推奨しています。

米Microsoftは7月14日(現地時間)、すべてのサポート中バージョンのWindowsに対し月例のセキュリティ更新プログラムをリリースした(パッチチューズデー、Bリリース)。現在、「Windows Update」や「Microsoft Update Catalog」から入手可能。

今回のセキュリティアップデートにはいわゆる「PrintNightmare」脆弱性(CVE-2021-34527)への対処が含まれる。

「PrintNightmare」含む4件のゼロデイ脆弱性に対処 ~Microsoftが2021年7月のセキュリティ更新を発表(窓の杜)

Windows 10 バージョン 1909のサポートは終了しています

Windows 10 バージョン1909は、2021年5月11日、日本時間では本日2021年5月12日にサポートが終了しました。
そのため、月例アップデートによるセキュリティ更新プログラムの配信はありません。

WindowsアップデートやWindows 10のウェブサイトで最新バージョンへのバージョンアップをすることで、継続してサポートを受けることができますので、バージョン 1909やそれ以前のバージョンをお使いの方は、速やかにバージョンアップされることをおすすめします。


毎月第2水曜日に月例アップデートが公開されます

マイクロソフトは毎月第2火曜日にセキュリティ更新プログラムが公開されます。
日本は時差の関係で第2水曜日(まれに第3水曜日)にセキュリティ更新プログラムが公開されます。

ここで公開されるのはセキュリティ関係の更新ブログラムで、パソコンを安全に使うために欠かせないアップデートになるので、できるだけ速やかにアップデートを適用することをおすすめします。

月例アップデートスケジュール 2021年

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Microsoft-Logo-2012-1024x576.jpg

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です