バッファローWi-Fiルーターの一部機種で脆弱性確認、「製品の使用停止」を推奨

バッファローのWi-Fiルーターの一部機種に脆弱性があることがわかりました。
古い機種でバッファローのサポートは終了しているため、製品の使用停止を推奨しています。

バッファローWi-Fiルーターの一部機種に脆弱性

今回発表された機種はWBR-B11やWBR-G54Lなど、15年以上前に販売されていた機種のため、使用されている方は少ないと思います。
下記のような形状のもので、昔使っていた!と懐かしく思うくらいの機種です。

参考画像:WBR-G54L/P

対象機種と詳細はバッファローのサイトに情報があります。

バッファローの記事より引用

Wi-Fiルーターにもサポート期限がある

Wi-Fiルーターもファームウェアというプログラムで動作しているため、今回のような脆弱性が発見されたり、不具合が確認された場合、さらに機能や性能の向上のため、ファームウェアをアップデートすることがあります。

しかし、今回の機種のようにすでにメーカーのサポートが終了しているものは、ファームウェアのアップデートもないので、脆弱性や不具合の改善はされることがありません。
これは、サポートが終了したWindowsやOfficeと同じ、と考えていいでしょう。

ネットワーク機器も適度な期間での買替えがおすすめ

Wi-Fiルーターなどのネットワーク機器は24時間休みなく動作しているため劣化も早いですし、性能や機能が向上するスピードも速いので、壊れないからと使い続けるのではなく、ある程度のサイクルで買い替えていくのがおすすめです。期間は5〜7年といったところでしょうか?

パソコンやスマートフォンなどを買い替えて最新機種になっても、Wi-Fiルーターが古いと新しい規格に対応しないため、せっかくの性能を活かすことができない・・・ということになります。

快適にネットを活用したいのであれば、パソコンやスマートフォンだけではなく、Wi-Fiルーターやネットワーク機器を見直すこともお忘れなく!

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です