Internet Explorer 11のサポートは2022年6月15まで

マイクロソフトは、Internet Explorer 11のサポートを2022年6月15日に終了すると発表しました。

IE11のサポートは2022年6月15日で終了し無効化されます

Internet Explorer(IE)11のサポート終了では、デスクトップアプリ(おなじみの 水色の e マークのアイコンをクリックして起動するアプリ)が無効化されるので特に注意が必要です。

一部のWindowsでは残されますが、一般的なWindowsでは無効化され、Edgeが標準のブラウザになります。
EdgeにはIEモードがあり、IE 11でないと正常に利用できないサイトではこちらを利用するようになるとのことです。

強制リダイレクトはすでに始まっています

すでにYouTubeなど一部のサイトでは、IEで開こうとするとEdgeに強制リダイレクトされ、Edgeで開くような仕様になっています。
この仕様は今後さらに拡大していくと思われます。

「使い慣れているから」「これまでの習慣で」と、未だにIE 11をお使いの方もいらっしゃいますが、何かと不自由になってきますし、セキュリティ面での不安もありますので、別なブラウザへ移行することをおすすめします。

関連記事

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です