マイクロソフト 2023年のセキュリティ更新プログラム リリース スケジュール

マイクロソフトの2023年のセキュリティ更新プログラム リリーススケジュールを掲載します。

マイクロソフト 2023年のセキュリティ更新プログラム リリース スケジュール

マイクロソフトの定期的なセキュリティ更新プログラム(月例アップデート)は、米国太平洋標準時間の毎月第 2 火曜日に公開しています。日本では、時差の関係上、毎月第 2 火曜日の翌日 (第 2 水曜または第 3 水曜) の公開となります。

2023年のセキュリティ更新プログラム(月例アップデート)のリリーススケジュールは下記のようになります。

セキュリティ更新プログラム公開予定日
日本標準時間(アメリカ太平洋標準時間)
2023年1月2023年1月11日 (2023年1月10日)
2023年2月2023年2月15日 (2023年2月14日)
2023年3月2023年3月15日 (2023年3月14日)
2023年4月2023年4月12日 (2023年4月11日)
2023年5月2023年5月10日 (2023年5月9日)
2023年6月2023年6月14日 (2023年6月13日)
2023年7月2023年7月12日 (2023年7月11日)
2023年8月2023年8月9日 (2023年8月8日)
2023年9月2023年9月13日 (2023年9月12日)
2023年10月2023年10月11日 (2023年10月10日)
2023年11月2023年11月15日 (2023年11月14日)
2023年12月2023年12月13日 (2023年12月12日)
出典:セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール (2023 年)Microsoft Security Response Center

Windowsのアップデートについて

セキュリティ更新プログラムは定期的な月例アップデートの他、臨時のアップデートもあります。
Windowsの標準的な設定であれば、インターネットに接続されている間にWindowsアップデートが更新プログラムの有無をチェックし、自動でダウンロードしインストール作業をしてくれます。パソコン終了や再起動時に「更新プログラムをインストールしていますので電源を切らずにお待ちください。」と表示されることもあります。

また、Windowsアップデートは任意のタイミングで自分で行うこともできます。

Windowsを最新の状態にするのが最大のセキュリティ対策です

パソコンを安全に使うには? と質問されることが多いですが、Windowsを最新の状態にして使うこと が一番安全であり、最大のセキュリティ対策です。

Windowsアップデートは自動でアップデートを実行してくれますが、パソコンが起動しインターネットに接続されていなければ実行されません。最低でも1週間に2〜3時間連続でインターネットに接続されている時間があればマイクロソフトが配信する更新プログラムをもれなくインストールしていくことができますので、普段から心がけて使用しましょう。

Windowsのバージョンアップ・アップデートに関する記事

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です