Wi-Fiの重要度はさらに高まる

Wi-Fi(無線LAN)に接続される機器が増加し、通信速度も高速性が求められ、Wi-Fi機器の重要度が高まっています。

Wi-Fiの使用度が激増している

これまではパソコンをインターネットにつなぐために使われる・・・という程度だったWi-Fi(無線LAN)ですが、現在はその役割は大きく変わり様々な機器が接続されています。

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ネットワークカメラ
  • テレビ
  • ゲーム機
  • プリンタ
  • スマートスピーカー
  • エアコン
  • LED電球

フジデンキではこれらのものがWi-Fiに接続されています。

ネットワークカメラやプリンタ、LED電球などはインターネットを利用するというより、お店・家庭内のネットワークに接続するための接続ですが、Wi-Fiを利用していることに変わりはありません。

今、これからのWi-Fiに求められるもの

ワイヤレスでインターネットが利用できる、ということで使われてきたWi-Fiですが、現在はさらに高速性で安定した通信ができることが重要になっています。

高速性

大画面のテレビで4Kなど高品位の映像を観るためには大容量のデータをスムーズにストリーミング再生する必要があります。これはパソコンでホームページを見るのとはかけ離れたデータ通信になり、高速で大容量通信できるWi-Fiが必須になります。
また、パソコンでもクラウドストレージの利用や、Zoomなどを使ったオンラインミーティングなど、高速にインターネットを利用する必要性が高まっています。

安定性

多数の機器がWi-Fi機器に接続されて通信していると、Wi-Fiが切れる、通信速度が落ちるということが発生します。
これはWi-Fi機器への負荷が大きくなり、その機器の性能ではカバーできなくなるためです。
安定した通信を行うには、より性能のいいWi-Fi機器が必要になります。

Wi-Fi機器選びのポイント

Wi-Fi機器を選ぶ際は下記の点を考慮してみましょう。

利用状況にあった機器を選ぶ

Wi-Fi機器(Wi-Fiルーター)は様々なものがありますが、大まかな目安は価格=性能ということです。
より高速で多数の機器を安定して利用するには高性能な機器が必要になります。面積の大きいところで使いたい場合は、複数の機器を組み合わせたメッシュWi-Fiという機器を導入する必要が出てきます。

ただし、いくらWi-Fi機器の性能がよくても、接続する機器の性能が劣る場合はWi-Fi機器の恩恵を受けられません。
導入する際は全体的に見直して検討するようにしましょう。

数年毎に買い替えるくらいの覚悟を持つ

Wi-Fiの規格は日々進化し、それにあわせて機器も対応しています。
例えば現在はWi-Fi6という規格が主力になっており、新しいパソコンやスマートフォンなどはWi-Fi6対応になっています。
パソコンやスマートフォンなどの機器が新しくなっても、Wi-Fi機器が古いままだと高速通信はできない・・・という状態になります。

イマドキのWi-Fi規格に対応させる面を考えると、数年毎にWi-Fi機器を買い替えるくらいのつもりでいるといいでしょう。
Wi-Fi機器は24時間休みなく動作している機器のため、劣化も早いので5,6年くらい経過したら買い替えをするくらいがおすすめです。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。