Windows 10の今後について

Windows 11が発表されましたが、システム要件が予想以上に厳しく動作するパソコンは限定されるようです。
今Windows 10で動作するパソコンがどうなるのか、改めて考えてみましょう。

Windows 11が動作するパソコンは限られる

Windows 10が公開された時は無償アップグレードで、Windows 7以降のパソコンはほとんどのパソコンをWindows 10にすることができました。ライセンスがあればWindows VistaのパソコンでもWindows 10にすることができるくらい、動作のためのシステム要件は緩やかでした。

しかし、Windows 11のシステム要件は予想以上に厳しく、数年前に購入したパソコンでも動作しないという事態になりそうです。

Windows 11のハードウエア要件/仕様の最小要件

プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
RAM:4 ギガバイト (GB)
ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応
TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックス カード:DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ:対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
インターネット接続と Microsoft アカウント:Windows 11 Home Edition を初めて使用するとき、デバイスのセットアップを完了するには、インターネット接続とMicrosoft アカウントが必要です。
Windows 11 Home の S モードを解除する場合もインターネット接続が必要です。S モードの詳細はこちらをご覧ください。
すべての Windows 11 Edition について、更新プログラムのインストールや一部の機能のダウンロードと使用にはインターネット アクセスが必要です。
出典:Windows 11 のシステム要件、機能、デバイスの要件について(マイクロソフト)


特にWindows 11ではプロセッサの項目で、1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサとなっていますが、対象になるCPUが明記され、インテル製CPUであれば第8世代以降(第7世代以降になるという情報もあります)の製品が必須となります。
第8世代というのは年代でいうと2018年に製造されたモデルになり、2021年7月の現時点では3,4年前に購入したパソコン以降ということになります。(型落ちのパソコンを購入した場合は対象にならないことがあります。)

Windows 10が公開されたのは2015年7月ですから、Windows 10の初期のパソコンはWindows 11にバージョンアップすることができないということになってしまいます。

Windows 10の今後はどうなる?

Windows 11にバージョンアップできないパソコンはWindows 10で使い続けるしか選択肢はありませんが、Windows 10の今後はどうなるのか? 改めて確認してみましょう。

Windows 10のサポート期限は?

Windows 10のサポート期限は2025年10月14日となっています。
サポート期間中はアップデートが提供され、この秋には21H2という次期バージョンの公開も決まっています。
現在は年2回のバージョンアップが提供されていますが、Windows 11では年1回のバージョンアップになるという情報があり、この場合はWindows 10も年1回程度のバージョンアップになるのではないか?と予想されています。

いずれにしても、2025年10月14日までは安心してWindows 10を使い続けることができることに間違いはありません。

現時点では慌てずに様子を見るのがおすすめ

Windows 11のシステム要件も見直されるとかされないとか、Windows 10のバージョンアップもどのようなペースになるか不透明という状態ですので、ユーザー側が判断できる段階ではありません。
Windows 11の公開は今年の後半ですが、現実的には公開されてみないと、見えてこない部分が多いです。

情報収集するのはいいですが、情報に振り回されないようにしましょう。
まずは、Windiows 11が公開されるまで様子見・・・がおすすめです。

参考記事

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です