携帯電話各社がフィッシング詐欺へ注意喚起

SMS(ショートメール)やメールで不正サイトへ誘導し、IDやパスワードを盗み取るフィッシング詐欺の被害が増加していることから、携帯電話各社が注意喚起を行っています。

フィッシング詐欺とは?

通信事業者や宅配業者などを装った身に覚えのないSMSやメールが届き、本物と見分けがつかない不正なサイトで利用者のIDやパスワード(暗証番号)を入力させて盗み取る、また不正なアプリのインストールをインストールさせるといった行為です。
そうして得た情報を利用し、個人情報の流出や、第三者による不正な物品購入・決済などが行われます。

特に目立つのは宅配便の「お届けにあがりましたが不在でしたのでこちらから・・・。」とサイトに誘導するSMSでしょう。
表示されたサイトは本物そっくりのデザインで、そこで個人情報を入力させる、という仕掛けです。

フィッシング被害を防ぐために

  • SMSやメールが送られてきたら、落ち着いて送信元を確認する
  • メールにあるURLのリンクを安易にクリックしない
  • 正規のアプリ配信サイト(App StoreやGoogle Play)以外からアプリをインストールしない
  • 2要素認証(2段階認証)を積極的に利用する

携帯電話各社の注意喚起

総務省の「フィッシング詐欺に注意」

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です