Windowsパソコンのアップデートについて

パソコンを快適かつ安全に使うために欠かせないのがアップデート作業です。
Windowsパソコンで行うアップデートについて、改めて確認しておきましょう。

Windowsパソコンで行うアップデート作業

Windowsには使用中のバージョンの中で更新されるアップデート作業と、Windowsのバージョンを更新するバージョンアップ作業の2つがあります。
フジデンキでは、バージョン中の更新をアップデート、バージョンの更新をバージョンアップと称します。

Windowsアップデート

一般的に「アップデート」と言われるのが、Windowsアップデートを利用した更新作業で、使用中のバージョンに対して提供される更新プログラムをインストールします。

毎月第2水曜日(アメリカ時間では第2火曜日)には月例アップデートと言われる、毎月定例のセキュリティ更新プログラムの配信があり、その他にも細かいアップデートが月に数回配信されています。

Windowsアップデートは自動で更新プログラムをチェックしてダウンロードし、シャットダウンや再起動時にインストールしてくれるので、ユーザー側から操作することなくインストールされますが、任意のタイミングでチェックしてインストールすることもできます。

Windowsのバージョンアップ

Windows 10はこれまで半年に1回のペースで新バージョンが公開されています。
Windows 11が公開された以降はそのペースが変わるかもしれませんが、最新バージョンを使うことが重要なセキュリティ対策にもなるので、バージョンアップは大切な作業です。

Windowsの新バージョンもWindowsアップデートで公開されますが、新バージョンのインストールは基本的にユーザーの指示で実施します。(一定期間過ぎると自動で強制的に新バージョンインストールが実施される場合もあります。)

例:Windowsアップデートで新バージョンが配信された際の表示

Windowsの新バージョンは段階的に配信されるため、新バージョンが公開されても自分のパソコンのWindowsアップデートに表示されないという場合もありますが、Windows 10のウェブサイトから最新バージョンのインストールができるので、任意のタイミングで実施することができます。

今使っているパソコンのWindowsのバージョンを確認する方法は下記にあります。

マイクロソフト ストアアプリのアップデート

Windows 10にはマイクロソフトストアで提供されるアプリがインストールされていますが、これらのアップデートはストアアプリを使って配信されています。

Microsoft Store を起動すると ダウンロードと更新 というウインドウが表示されるので、最新情報を取得する をクリックします。

更新が必要なアプリがあると表示され、ダウンロード・インストールが実施されます。

すべてのアプリが最新の場合は、下記のように 最新の状態です という表示になります。

マイクロソフトのストアアプリは最初からインストールされているものの他、無料・有料※で様々なアプリをダウンロードして利用することができます。iPhoneやiPadのApp Store、AndroidのGoogle Playと同じ・・・というとわかりやすいでしょうか。
※有料アプリの購入には、クレジットカードが登録されたマイクロソフトアカウントが必要です。

まとめ

Windowsパソコンを使っていく上で、アップデートやバージョンアップは欠かせない作業です。
特にWindows 10のバージョンは公開後18ヶ月でサポートを終了するというライフサイクルで来ているため、Windows 10であっても古いバージョンはサポートが終了していくので注意が必要です。

  • 自分が使っているパソコンのWindowsのバージョンを把握し、できるだけ最新バージョンを使う
  • Windowsアップデートを確認し、常に最新の状態を保つ

この2点をしっかりと守っていれば、安心・安全・快適にパソコンを使うことができます。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

Windowsパソコンのアップデートについて”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です