Microsoft 365 で独自ドメインを使う

法人向けのMicrosoft 365では、独自ドメインを使ってアカウントとし、Outlookでメールを使うこともできます。

一般法人向けMicrosoft 365

マイクロソフトサービスのサブスクリプション Microsoft 365にはいくつかの種類があり、個人レベルで利用するのは「家庭向け」と「一般法人向け」になります。
一般法人向けは法人格を持たない個人事業主でも契約可能。フジデンキも個人事業主ですが、一般法人向けMicrosoft 365を契約中です。

小さなお店や会社ではOfficeのデスクトップアプリ=インストールして使うWordやExcel、PowerPointなどを使うために、Microsoft 365 App for businessを契約される方が多いです。

Officeのデスクトップアプリが使えるのは、Microsoft 365 App for business・Microsoft 365 Business Standard、Microsoft 365 Business Premiumの3種類で、Microsoft 365 Business BasicはOffice Onlineのみでデスクトップアプリは利用できません。

一般法人向けMicrosoft 365では、マイクロソフトアカウントが独自のものとなり、*****@******.onmicrosoft.com という形式のものになります。

Microsoft 365で独自ドメインを使う

一般法人向けMicrosoft 365の契約時の初期設定では、指定しない限り上記の onmicrosoft.com のドメインのアカウントになりますすが、これを独自ドメインで利用することもできます。
ExchangeServerが利用できるプランであれば、メールアドレスとしての利用も可能です。

フジデンキではMicrosoft 365 Business Standardを契約し、fujidenki.org の独自ドメインをアカウントとして設定。
ExchangeServerとOutlookのウェブアプリとデスクトップアプリでメールアドレスとして運用していました。

一般的なメールサーバーと違い、マイクロソフトのExchangeServerを使っているので複数のPCやスマホ・タブレットでもシームレスに運用できとても便利。マイクロソフトの他のサービスとも連携がしやすいという大きなメリットもあります。

独自ドメインの設定はマイクロソフトのサポートがリモートで操作方法を案内してもらえるので、安心して設定できます。
・・・このあたりはさすがサブスクユーザー向けのサポートと実感しました。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。