Office 2021 今秋発売 サポート体制に変化あり

マイクロソフトの買い切り型Officeの次期バージョン Office 2021が2021年秋に発売されることが発表されましたが、そのサポート体制に変化があるようです。

Office 2021は今秋発売

マイクロソフトは2月18日に買い切り型(永続ライセンス)のOffice 2021を、2021年秋に発売することを発表しました。
WindowsとmacOS向けがあり、価格はOffice 2019と同じになりそうです。

Office 2019の価格 マイクロソフトOfficeの公式サイトより

サポート体制に注意

Office 2021のサポート体制について注意しなければならないのが、1度購入すれば5年間のサポートが保証される、という点です。

IT media NEWS 記事より引用

Office 2019ではサポートライフサイクルが、Office 2016の10年(メインストリームサポート 5年+延長サポート 5年)から7年(メインストリームサポート 5年+延長サポート 2年)に短縮されましたが、Office 2019では5年間のサポートが保証される、ということです。
これはサポートライフサイクルが5年に短縮されるのか? この点についての詳細は不明なのですが、不安になってしまいますね。

Microsoft 365に移行を促すマイクロソフト

菊地はOffice 2019が発売された際にサポート期間が短縮されたことを見て「マイクロソフトはサブスクリプションのMicrosoft 365を契約させたがっているな・・・。」と感じましたが、今回さらにその傾向が強くなってきたようで、買い切り型(永続ライセンス)Officeの扱いが悪くなってきました。

現状でもMicrosoft 365のOfficeはOffice 2016、2019とは別物で、起動時のロゴもMicrosoft 365の表記が入ったものになっています。
サブスクリプションの契約中は常に最新のOfficeが利用でき、サポート期限もありません。

Office 2016、2019のサポート期限は2025年10月14日

マイクロソフト Officeの各バージョンのサポート期限は以下のようになります。

バージョンサポート期限
Office 20102020年10月13日サポート終了
Office 20132023年4月11日
Office 20162025年10月14日
Office 20192025年10月14日※Office 2016と同日でサポート終了

サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供等が終了し、セキュリティ面での危険性や不具合発生時の修正等が保証されず、使い続けるとリスクが大きくなっていきます。

マイクロソフト製品のサポート状況は下記のページを参照ください。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

Office 2021 今秋発売 サポート体制に変化あり”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です