パソコンの上手な使い方 〜2021年版〜

近年のパソコンはWindowsの仕様やハードウェアが大きく変わり、これまでのような使い方ではトラブルが起きてしまうことも出てきます。
来る2021年、パソコンを上手に使っていくための方法を紹介します。

Windowsアップデートをきちんと行う

マイクロソフトは月に2,3回はアップデートを提供しています。 代表的なものは毎月第2水曜日に公開されるセキュリティ更新プログラム「月例アップデート」で、その他不定期にアップデートが公開されます。
これらのアップデートを適用しないでいると、パソコンが危険な状態になるだけでなく、動作に影響を及ぼすことがあります。

アップデートは自動で適用されますが、インターネットに接続されている時間が短いとアップデートを見つけてダウンロードする時間が取れず、結果的にアップデートが溜まってしまうので、適度にパソコンを利用するようにしましょう。

Windowsアップデートを手動で行うには

Windowsの[スタート]ボタン → [設定]アイコン → [更新とセキュリティ] → [Windows Update]
Windows Updateで[更新プログラムのチェック]をクリックすると更新があれば表示され、ダウンロードとインストールが実行されます。

Windows 10のバージョンに注意する

Windows 10は半年に1度、新しいバージョンが公開され、公開されたバージョンは18ヶ月でサポートが終了します。
Windows 10であっても古いバージョンはサポートが終了しますので、自分のパソコンのバージョンは何かを意識し、できるだけ新しいバージョンを使うようにしましょう。

Windows 10のバージョンとサポート期限

バージョン公開日サポート終了日
15072015年7月29日2017年5月9日
15112015年11月10日2017年10月10日
16072016年8月2日2018年4月10日
17032017年4月5日2018年10月9日
17092017年10月17日2019年4月9日
18032018年4月30日2019年11月12日
18092018年11月13日2020年11月10日
19032019年5月21日2020年12月8日
19092019年11月12日2021年5月11日
20042020年5月27日2021年12月14日
20H22020年10月20日2022年5月10日
直近のサポート期限は2021年5月11日のバージョン1909、それ以前のバージョンはすべてサポートが終了しています

Windows 10未対応のソフトは使わない

Windows 10に対応しないソフトがインストールされていると、ソフトの動作不具合だけではなく、Windows本体の動作に影響が出たり、最悪の場合Windowsのバージョンアップに失敗し、起動できなくなってしまうことがあります

よくあるのは、古いデジカメに付属していたCDにあるソフトや、以前買った古いバージョンの宛名書きソフトなどを使っていて、トラブルの原因になるパターンです。同じソフトを使い続けたい場合は、新バージョンが出ていないか確認し、Windows 10に対応した新しいバージョンを使うようにしましょう。

SSDモデルパソコンではバックアップをこまめに行う

最近のパソコンはハードディスクの代わりにSSDを 搭載するモデルが増えています。
SSDはハードディスクより高速に動作するので、快適に利用できますがフラッシュメモリという仕様上、故障すると全データが一気に消失する可能性があります。
SSDモデルのパソコンでは これまで以上にバックアップをこまめに行うようにしましょう。 クラウドサービスなどでリアルタイムにバックアップするようにしておくといいですね。

おすすめのバックアップ&データ取扱い方法

常時使うデータはクラウドストレージでバックアップ

Officeアプリのデータなど日常的に使うデータは、クラウドストレージを使うのがおすすめ。Windowsには標準でOneDriveというサービスがあり、無料で作成できるマイクロソフトアカウントを使って利用することができます。無料アカウントではストレージの容量は5GBですが、一般的なユーザーが扱うOfficeファイルなどでしたら十分間に合う容量だと思います。

OneDriveの他にもGoogleドライブやDropboxなどのクラウドストレージがありますので、利用スタイルにあわせて使ってみるといいでしょう。

写真や動画は外付けハードディスクへ保存

写真や動画はデータ容量を大きく消費するので、無料のクラウドストレージでは入りきれません。大容量を比較的安心して保存できるのは外付けハードディスクです。
外付けハードディスクなら1TB(1000GB)以上のサイズのものがあるので、大量のデータがあっても余裕をもって保存しておくことができます。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です