[パソコンQ&A] Googleフォトの無制限バックアップが廃止されると聞きましたが本当ですか?

Googleフォトの容量無制限バックアップが廃止されると聞きましたが本当ですか?

Googleは2020年11月11日にGoogleフォトのストレージに関する変更を発表、2021年6月1日からこれまでカウントしなかった高画質・Express画質のコンテンツも保存容量を使用するようになります。

Googleフォトは容量無制限ではなくなります

これまでは高画質(容量無制限)のオプションを有効にすることで、一定以下の解像度に制限されるものの容量は無制限でバックアップ(アップロード)できたGoogleフォトですが、2021年6月1日からはすべてのコンテンツがカウントされGoogleアカウントのストレージ容量を消費することになります。

上記のGoogleフォトヘルプ Googleフォトのストレージに関する変更 記事から引用・抜粋

ポイントは2点。

  1. 2021年6月1日以降、バックアップ(アップロード)したコンテンツ(写真や画像など)は、Googleアカウントのストレージ容量(無料アカウントの場合は15GB)を消費する
  2. 2021年5月31日までにバックアップ(アップロード)したコンテンツはカウントされず、Googleアカウントのストレージ容量を消費しない

・・・ということになります。

2021年5月31日まではこれまで同様に使ってもストレージ容量は消費しませんが、6月1日からバックアップ(アップロード)したものはカウントされ、ストレージを消費していくことになります。
ストレージはGoogleアカウント単位で設定されているので、Googleフォト以外にもGmailやGoogleドライブで使っている容量も含まれます。
無料アカウントでは15GBなので、Googleフォト以外の使用容量も合わせるとそれほど余裕がある容量ではないですね。

2021年6月からの写真保存先を検討しましょう

Googleフォトを利用中の方は、今後容量無制限ではなくなるということで、そのまま使い続けると容量が一杯になり保存できないという状態になります。
そこで、写真の保存先をどうするか再検討する必要があります。

Googleフォトをそのまま使い続けたい場合は、Google Oneの有料のプランにアップグレードすることで、容量を100GB、200GB、2TBと増やすことができます。

また、Amazonプライム会員になっている方は、Amazon Photos(アマゾンフォト)を容量無制限(写真・画像のみ)で使うことができるので、そちらに移行することも選択肢になります。

各種サービスの無料プランの制限が厳しくなっている

インターネットには無料で利用できる便利なサービスがたくさんある!
という時代が続きましたが、数年前から無料で利用できる内容の制限が厳しくなってきています。

EvernoteやDropboxの利用端末数の制限や機能制限も厳しくなりましたし、つい最近は各種サービスを連携させるIFTTT(イフト)というサービスも作成できる連携数を大幅に削減しました。

無料で使ってもらい、本格利用するためには有料のプランへ・・・という流れなわけですが、無料ユーザーばかり増えるとサービスを提供する資源が無料ユーザーによって消費され負担が大きくなるだけになってしまいます。
各サービスも有料プランのユーザーにきちんとサービスを提供するための内容にシフトしてきたようです。

これからは自分の使いたいサービス、自分にあっているサービスを吟味して、有料で使っていく時代になってくるでしょう。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です