Windows 10 20H2で21H2の自動配信が始まります

マイクロソフトはWindows 10 バージョン20H2環境へ、バージョン21H2にアップデートするためのプログラムの自動配信を始めました。

Windows 10 バージョン20H2は2022年5月10日でサポート終了

今回自動配信の対象になるのはWindows 10 バージョン20H2で、サポート終了が2022年5月10日と目前に迫っています。
このため、マイクロソフトはバージョン20H2に対して最新バージョンの21H2へバージョンアップするためのプログラムを自動配信します。

Windowsは最新の状態で使うのがベスト

Windows 10は2015年7月に公開されてから10以上のバージョンが存在します。
これまでは半年に1度のバージョンアップ、公開されたバージョンは18ヶ月でサポート終了 というサイクルでバージョンアップしてきました。
現在サポートされているのは下記の3バージョンで、それ以前のものはすべてサポート終了となっています。

バージョン公開日サポート終了日
20H22020年10月20日2022年5月10日
21H12021年5月18日2022年12月13日
21H22021年11月16日2023年秋頃

※バージョン21H2からバージョンアップは年に1度、サポートは約2年というサイクルに変更になっています。

機能面、セキュリティ面どちらでも最新バージョンを使うのが快適であり安全です。
日常のアップデートも含めて、Windowsは最新の状態で使うよう心がけましょう。

Follow me!

ライタープロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキオーナー
菊地 弘尚 ーHirotaka Kikuchiー
フジデンキのなかの人
パソコンの販売と修理、サポート、ウェブサイトの制作を生業としています。
趣味はデジタルガジェット全般(ゲーム機は除く)。
https://note.com/penchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。